Shopifyで、更新可能な独自パーツを作成する基本的方法を紹介します。

ShopifyのSchemaを使用して、更新可能なパーツが作成可能です。

今回は、Shopifyの管理画面上に、更新可能な独自パーツを作成する基本的なコード編集方法を解説していきたいと思います。

Shopifyにはすでに更新可能なパーツがテーマファイル上にテンプレートとして用意されているんですが、

オリジナルデザインを作成する際には、独自のレイアウトやパーツを作成したいというようなことが多くなってくると思いますので、

今回は、管理画面で更新が可能な独自のパーツを作成する方法について解説をしていきたいと思います。

この方法を覚えると、クライアント側でコードを編集することなく管理画面上の操作のみでショップのパーツ更新が可能になります。

 

・新着商品や、カテゴリ一覧のデザインをカスタマイズして動的に表示

・バナーパーツを管理画面上から追加・削除

・任意のページに作成した独自パーツを出力

 

など、非常に、ECサイトの運営がしやすくなりますので、後々の業務効率も良くなってくるかと思いますので、ぜひ興味のある方はトライしていただければと思います。

    WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

    WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
    WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

    この記事を書いた人
    KEiSoN★
    スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/webデザイナー

    2009年1月よりフリーランスのディレクター/Webデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
    過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
    現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
    Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
    国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
    最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

    アーカイブ