webデザイン制作の際の、ワイヤーフレーム・UIの提案時に使えるテクニック【Adobe XD】

今回はwebデザイン制作の際の、ワイヤーフレームの提案時に使えるテクニックを紹介したいと思います。

このテクニックを使用すれば、クライアントに非常にわかりやすく、UI・ワイヤーフレームの提案ができるようになると思います。

今回は、adobeXDでワイヤーフレームを作成し、「プロトタイプ」というツールを使用しました。
作成したワイヤーフレームを実際に動かしてみせることができるテクニックになります。

ほんの数分でできてしまう簡単な機能なので、
皆様も機会があれば、実際の案件でぜひ試してみていただければと思います。

デザインの勉強をされている方や、これからデザイナーになりたい方へスキルがシェアできればと思っております。

#webデザイン #デザイン #チュートリアル #adobe #xd #ワイヤーフレーム #UI #ディレクション

この記事を書いた人
KEiSoN★
スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/webデザイナー

2009年1月よりフリーランスのディレクター/Webデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
中小企業向けのWebブランディング・デザイン、Wordpressのオリジナルテーマ開発・オウンドメディア構築が得意。
最近は、Shopify構築にも携わっている。
国内外の様々な価値観・デザインに接触することで、幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。

アーカイブ