Sublime Text を使いやすくするプラグイン設定11つ

plugin

webサイト制作のコーディング作業でSublime Textを使用するときは、インストールしてそのままだと使い勝手があまりよくないので、最低限入れておいたほうがよいプラグインを紹介しますので、参考にしていただければと思います。

AutoFile Name

画像タグの入力を補助してくれます。これはWEBサイトのコーディングには必須ですね。
読み込む画像パスのサジェストをしてくれます。

brackets color scheme

タグとかブラケットの開始と終了を強調して表示してくれます。

HTML5

HTMl5のスニペットと、自動補完と、ハイライトをしてくれます。

CSS Snippets

CSSの自動補完をしてくれます。

SCSS

SASSのハイライト・コードヒントを表示してくれます。
「+」と入力し、「tab」キーを押すと、”@include”が展開されるなどのスニペットがあります。

jQuery

jqueryのハイライト・コードヒントを表示してくれます。

wordpress

wordpressのハイライト・コードヒントを表示してくれます。

Emmet

Zen-cordingの次世代版です。
コード(スニペット)とショートカットを組み合わせてコーディングの入力を短縮してくれます。

SFTP

FTPのアップロード機能を追加できます。

sublimelint

構文エラーを検出して表示してくれます。

Tag

閉じタグ 「</」 を打つと補完してくれます。

    WEB制作についてのご相談はお気軽にどうぞ。

    WEBデザイン制作、ブランディング、Wordpress構築・カスタマイズ、
    WEBサイトに関するお見積もり・不明点やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

    この記事を書いた人
    KEiSoN★
    スカイゴールド株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター/webデザイナー

    2009年1月よりフリーランスのディレクター/Webデザイナーとして活動しながら、ノマドな働き方を試み始める。
    過去16カ国ほど訪れ、一眼レフにその景色を収めながら時々ドローンも飛ばす。2015年11月にスカイゴールド株式会社として法人化。
    現在は主に東京を中心にしながら、 タイ・バンコクを年間4,5回ほど往復しながら活動中。
    Wordpressを使用したオリジナルデザイン制作・オウンドメディア構築を得意とする。
    国内外の様々な価値観・デザインに接触することで幅広いクリエイティブや臨機応変にアイデアを提供する。
    最近は、Shopify制作の勉強も行なっている。

    アーカイブ